Event news

お知らせ

喉の痛みに有効なはちみつ


はちみつの持つ殺菌・抗菌作用は喉の痛みや咳に効果的とされています。

そのまま塗る、またはそのまま摂取してもいいですが、はちみつには様々な活用方法がありますし、使用する上での注意点もあります。

はちみつの効果はもちろんですが、喉の痛みや咳を予防方法も紹介しています。

はちみつ以外にも喉の痛みや咳に効果的な食材を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

喉の痛みや咳に有効なはちみつの効果について

喉の痛みや咳に、はちみつが有効なことは古くから知られています。

なぜ喉の痛みや咳にはちみつが効果的となのかについて解説していきます。

はちみつには殺菌・抗菌作用ある

はちみつの持つ殺菌・抗菌作用によって喉の細菌を殺し増殖を抑えることができます。

はちみつは、糖の含有量が多く水分が少ないという特徴があり、ほとんどの細菌が活動するには水分が必要なので、水分の少ないはちみつの中では細菌は生きられません。

また、糖は吸湿性の高い物質なので、周囲の細菌から水分を吸い出し、殺菌する働きがあります。

さらに、ミツバチがはちみつを作る際には、ハチの唾液のに含まれるブドウ糖酸化酵素という酵素が注入されます。

これは花の蜜に含まれるブドウ糖と反応し、グルコン酸・過酸化水素といった強い酸性の成分を作り出します。

ほとんどの細菌は酸性の環境では生きられないため、強い酸性を持つという性質も殺菌効果に一役買っています。

他にもビタミン・ミネラル・アミノ酸といった殺菌効果・抗菌効果がある成分も含まれています。

はちみつの粘りによる粘膜保護効果が期待できる

喉の痛みは喉の粘膜が炎症を起こしているのが原因なので、はちみつの粘りで粘膜を保護し、外部からのダメージを受けにくくすることで治りを早くするという考え方です。

はちみつは保湿効果があるとされているため、大声を出しすぎたなどでダメージを受けた喉や、咳が止まらず乾燥した喉を潤し保護する効果も期待できます。

また、冬場など空気が乾燥しやすい時期は、空気中のウイルスに感染しやすくなります。

はちみつで喉の粘膜を保護することで、今ある喉の痛みを改善するだけではなく、風邪菌やインフルエンザウイルスから身を守って喉の痛みを予防できるのです。

寝ている間も喉は乾燥しやすいので、寝起きに喉の痛みが気になる方は寝る前にはちみつを舐めることで改善できます。

はちみつの糖による疲労回復効果

はちみつに含まれるブドウ糖、果糖、ビタミンB1などの栄養素は、疲労回復に効果があり、体の疲れが取れると免疫力も上がるため、咳や喉の痛みなどの症状の治りが早くなるのです。

はちみつに最も多く含まれているブドウ糖や果糖は単糖類で、消化にかかる時間が少ないことも特徴です。

はちみつを作るとき、ミツバチの唾液に含まれる酵素によってショ糖が分解され、体に負担をかけずに吸収できる成分に変わっているのです。

そのためはちみつに含まれる糖類は腸で素早く吸収され、短時間で全身に行き渡るため即効性のある疲労回復が期待できます。

ブドウ糖は、口から食事を取ることができない時にする栄養点滴の主成分でもあり、体内で素早くエネルギーに変わって全身の機能を向上します。

はちみつは、運動の後や特に疲れた日の疲労を素早く取り除き、免疫力を上げて健康な体の素地を作ります。

腸内環境の改善

はちみつはグルコン酸やオリゴ糖を含んでいるので、優れた整腸作用を持っています。

人の免疫力の半分以上は腸に依存しているため、腸内環境の改善は免疫力の向上に繋がります。

また、はちみつにはトリプトファンも含まれているので自律神経のバランスを整えるセロトニンの生成を助けます。

セロトニンはストレス解消に必要な物質であり、セロトニンが増えることによりストレス起因の便秘の改善に効果的です。


pagetop