Event news

お知らせ

はちみつで口内炎対策


はちみつを口内炎に塗る治療法は、民間療法として非常に有名です。

はちみつが持つ殺菌作用を利用して、人によっては短期間で口内炎を治療することが可能。

ただ、塗り方にポイントや注意点がありますし、正しく行わないと口内炎が悪化する可能性があります。

ここでははちみつの口内炎に対する塗り方だけでなく、口内炎への対策なども詳しく紹介しています。

口内炎に悩んでいる方はぜひチェックしてください。

はちみつを使った口内炎対策について

はちみつは古くから民間療法として口内炎の治療に使われていて、

口内炎の治りが早くなるなどの効果が見込めると広く認知されています。

医学的に効果が立証されているわけではありませんが、

研究者の実験で実際に効果が認められる結果が出ていたり、

厚生労働省が定めた「日本薬局方」にもはちみつは口内炎に効くとの記載があります。

実際に口内炎が短期間で治ったとの報告もあるので、試してみる価値のある口内炎の治療法であると言えます。

はちみつの殺菌作用は口内炎に効果が期待できる

はちみつが口内炎に効果があるとされる理由としては、はちみつの殺菌作用による効果と考えられます。

はちみつは水分の含有量が少ないため、雑菌が活動するのに必要な水分を確保できず内部で菌が繁殖しません。

また、吸湿作用を持つ糖の含有量が多いため、他の物質と触れると浸透圧の関係で水を吸い出し、雑菌を殺します。

これによって口内炎の傷口の治りを早くすることができると考えられます。

さらに、ミツバチがはちみつを作る時、ハチの唾液に含まれるブドウ糖酸化酵素という酵素が注入されます。

これは強い酸性のグルコン酸や過酸化水素を発生させ、はちみつを細菌が生存しにくい強い酸性にします。

はちみつには他にもビタミン・ミネラル・アミノ酸などの栄養素が含まれていて、これらも殺菌作用がある成分です。

様々な要素によるはちみつの殺菌作用が口内炎の原因である細菌を殺菌するため、

口内炎を早く治す効果があると考えられています。

また、はちみつは粘度が高く、口内炎に塗ると傷口をカバーすることができるため、

絆創膏のように外部からのダメージや細菌の侵入を防いで治りが早くなるという側面もあります。

はちみつで口内炎が治るまでの期間

個人差があるので、一概にどれくらいの期間で治るのかを言い切ることは難しいです。

しかし、早い人だと1日で治る場合もあるようですし、2、3日で治ったという場合もあります。

逆に効果がなかったという人もいますので、

まずは3日間ほど口内炎にはちみつを塗って様子を見てみることをおすすめします。

口内炎が長引いている場合は病院を受診する

はちみつは口内炎に対して効果が見込める民間療法として認知されています。

しかし、はちみつを口内炎に塗って効果が感じられず長引いている場合は病院を受診するようにしましょう。

後述しますが、口内炎には種類があり、それぞれ原因が違います。

病院なら原因を特定し適した薬を処方してもらえるので、はちみつでの口内炎治療よりも確実であると言えます。

大人は耳鼻咽喉科、子供はまずは小児科へ

「口内炎は何科?」と思う人もいるかと思いますが、基本的に耳鼻咽喉科で問題ありません。

しかし、口腔外科や内科、皮膚科でも診療している病院もあるので、行く病院のHPを確認してみてください。

また、子供が口内炎を発症した場合は、まず小児科や小児歯科を受診するようにしましょう。


pagetop