Event news

お知らせ

はちみつが固まる原因と簡単な戻し方


はちみつが固まってしまい、傷んでしまったと思った方も少なくないのではないでしょうか?

はちみつは保存方法によっては固まる、つまり結晶化してしまいます。

品質的には何の問題もないのですが、固まってしまっているので使いづらく、

結晶化を避けたい方も多いのではないかと思います。

ここでははちみつが固まる原因と簡単な戻し方を紹介しています。

原因がわかれば対策できますし、固まってしまっても簡単に戻すことができるので、

ぜひ参考にしてみてください。

 

はちみつが固まる原因

 

はちみつが固まることを「結晶化」と言います。

結晶化が始まるとはちみつの中に白いブツブツが浮かんでいるように見え、

カビと勘違いされることも多いですが、劣化ではなく自然な変化です。

はちみつは質の良し悪しに関わらず全て結晶化するものですが、

その原因を知っておくことで結晶化を遅らせたり、防ぐことができます。

結晶化は、はちみつに含まれるブドウ糖によって起こります。

 

はちみつの結晶化は主に温度が原因

 

はちみつは15度前後が結晶化しやすい温度となっています。

そこから0度までは結晶化が緩やかになります。

そのため、はちみつを冷蔵庫で保存したり常温で保存していても冬場などは室温が下がって、

結晶化してしまうことがあります。

また、空調などによって気温差が激しいと結晶化しやすくなったり、

結晶化の進みが早くなるという傾向があります。

さらに、古いはちみつほど水分量が少なくなっていて結晶化しやすくなるので、

購入して数年も経つはちみつは、夏に常温で置いておいても結晶化することがあります。

 

はちみつへの振動も結晶化の原因になる

 

はちみつに含まれるブドウ糖は振動によって結晶化する性質があるため、

容器を振ったり、冷蔵庫・冷凍庫内で保存する間の振動で固まってしまうことがあるのです。

容器を振ってはちみつに空気が混ざってしまうことも結晶化を促進させる原因となります。

チューブ式のはちみつなど中身が出てこないときについ振ってしまいがちですが、

実は逆効果となる行動なのです。

 

固まるはちみつと固まりづらいはちみつの違い

 

はちみつに含まれる糖類には果糖とブドウ糖がありますが、

含まれているブドウ糖が多いほど結晶化しやすい特徴があります。

果糖は結晶化しにくく、ブドウ糖は結晶化しやすいという性質があるからです。

また、結晶の核となる花粉が取り除かれていたり、水飴が混ざっているなど、

天然はちみつそのままではなく手が加えられているはちみつも結晶化しにくいです。

購入するはちみつを選ぶときは風味の好みも大切ですが、

結晶化しやすいと使い勝手が悪くなる可能性があるので、

はちみつ選びのポイントとして覚えておいてください。

 

固まりやすいはちみつ

ブドウ糖が多く結晶化しやすいのはナタネ、ウド、ヒマワリのはちみつです。

 

固まりづらいはちみつ

天然のはちみつで、果糖の割合が多く結晶化しにくいのは

アカシヤ、リンゴ、レンゲ、ラズベリーなどのはちみつです。

他にも有名なはちみつにクローバー、トチ、ミカン、マヌカハニーがありますが、

これらは固まりやすいはちみつと固まりづらいはちみつの中間に当たります。

 

固まったはちみつの戻し方

 

固まったはちみつは、温めて元の状態に戻すことが可能です。

しかし、はちみつは温度によって変質しやすい食品なので、

戻し方によっては味わいや栄養成分が変わってしまいます。

基本的に高温にしすぎると風味が損なわれたり、栄養素が壊れてしまう可能性があるので、

なるべく低温で温めるようにすることをおすすめします。

 

湯煎する 

はちみつの結晶化を溶かす方法で、最も一般的なのは湯煎で戻す方法です。

少し手順が面倒ではありますが、綺麗に結晶を溶かすことができます。

湯煎する方法では、瓶入りのはちみつを丸ごと溶かすことができ、

きちんと温度を守れば繰り返し湯煎しても問題ありません。

 

湯煎ではちみつの結晶を溶かす際に必要なものは、以下の通りです。

はちみつ(容器ごと、または耐熱皿に移す)

小鍋

箸かスプーン

 

1.鍋に水とはちみつの容器を入れる

はちみつを湯煎で溶かす時は、はちみつを容器ごと鍋に入れ、

はちみつと同じくらいの高さまで水を入れます。

プラスチックの容器に入ったものなど、耐熱性の容器ではない場合には、

溶かしたい分だけ耐熱の深皿などに移しましょう。

 

2.水を50度前後に温めて湯煎する

鍋を弱火にかけ、水が沸騰する前に火を止めます。

お湯が温まってからはちみつの瓶を入れると瓶が割れてしまう場合があるため、

必ず水の状態から温めていきましょう。

 

また、はちみつは60度以上になると内部のビタミンなどが破壊され、栄養成分が変質してしまいます。

ぎりぎり手を入れられる程度の50度前後のお湯で根気よく湯煎するのがベストです。

可能なら温度計を使って、お湯の温度を測りながら湯煎しましょう。

温度の上がりすぎが心配な場合は、鍋の中に耐熱のボウルなどを入れ、

そこに水を張って温めると温度の上昇が緩やかになります。

 

3.はちみつをかき混ぜる

湯煎を始めるとはちみつが溶けてくるので、箸やスプーンでかき混ぜます。

かき混ぜることにより全体の温度が均一になり、より効率的に溶かすことができます。

 

4.お湯がぬるくなったらまた火にかける

お湯がぬるくなり、はちみつが溶けにくくなったら再度火にかけ、50度前後まで温度を上げます。

完全に結晶がなくなるまで手順2~4を繰り返し、結晶が全て綺麗に溶けたら常温で置いてゆっくりと冷まします。


pagetop