Event news

お知らせ

ミツバチの生産物


[ハチミツ]

ミツバチの生産物としてもっともポピュラーなものは蜂蜜です。

蜂蜜はどうやって出来るのでしょうか。

蜂蜜とは働き蜂が集めてきた花の蜜(主にショ糖)を

まず胃の近くにある蜜嚢というところに蓄えて巣に持ち帰り、巣で待っていた別の働き蜂に口移しします。

この時、体内の転化酵素の働きによってショ糖からブドウ糖及び果糖へと変化します。

そして更に貯蔵室に運ばれ、水分を羽ばたきによってコントロールして、適度な濃度になった物が蜂蜜となるのです。

 

[ローヤルゼリー]

ローヤルゼリーはまさに女王蜂の主食で、働き蜂の集めた花粉を若くて生きの良い働き蜂がそれを食べ、

腸で吸収して、頭のところにある咽頭腺から分泌された物です。

主成分はタンパク質、脂質、糖質の他、アミノ酸、各種ビタミン、ミネラルを含んでいます。

その他、アセチルコリンという生体の抵抗力を強化すると言われる物質も含まれています。

女王蜂だけが食することの出来るローヤルゼリーですが、

これのお陰で働き蜂に比べて体の大きさで3倍、寿命で30倍も長生きできる訳です。

 

[プロポリス]

ご存知皆様ご利用されているプロポリスは、ミツバチが木の芽や樹皮から樹液を集め、

その樹液とミツバチの分泌する唾液の強力な酵素が混ぜ合わさってできる物質のことです。

ミツバチはその物質(プロポリス)を巣の入り口に塗り付けて、

巣の中に外部からバクテリアやウイルスが侵入してくるのを防いでいます。

抗菌殺菌作用があると言われるのもこの為です。

ミツバチは自分たちが生きていく為、又、子孫繁栄の為にこのような生産物を使い分けるのですが、

蜂蜜やローヤルゼリーはそれらを食することによって彼らの生命を維持する為の物に対して、

プロポリスという物質は彼らを脅かすバクテリアやウイルスなど

外敵から身を守る為の物質であるというところが大きな違いです。

 

「ミツバチの歴史は人類の歴史」などという諺がヨーロッパにあるようですが、

それほどに人間とミツバチは遠い昔から、長い歴史があります。

スペインで発見された紀元前6千年頃の洞窟壁画しは、蜂の巣から蜂蜜を採取する風景が描かれています。

古代エジプトでは養蜂業も誕生し、蜂蜜を利用するだけではなく、

プロポリスというミツバチの生産物をミイラなどの防腐剤として使い、

ヨーロッパでは古くからの民間薬としても利用されてきました。

人間との関係が長く、ミツバチのその優れた能力から既に「出尽くした」とさえ言えそうですが、

まだまだミツバチには未知の能力や可能性があります。

ミツバチの生産物の中でも特にプロポリスが優れているといえるのは、

古代エジプトの時代からプロポリスを身を守るために生産し、それを人間が薬として利用する為に奪おうとも、

その姿形を変えず、絶えず生産し続け、彼ら自身もまた生き延びてきたという事が証明していると言えます。

何れにせよ今後とも私たちがミツバチに期待できることは、まだまだ数多くあるはずです。

ただ今後もプロポリスなどをミツバチから頂戴するのであれば、

せめて、彼らの仕事場でもあり我々人間との共存の場である自然環境を、

私たち人間の手で破壊するのだけは止めなければなりません。

 

 


山口県の天然純粋はちみつの生産・販売店 ときつ養蜂園 Bee’s life


会社名:ときつ養蜂園 Bee’s life

住所:〒753-0303 山口県山口市仁保下郷561-1

TEL:083-929-1688 / 083-929-1364 
FAX : 083-929-1364

営業時間 : 10:00-17:00 定休日:不定休

業務内容:はちみつの生産・販売

pagetop