Event news

お知らせ

クローバーはちみつの美味しい食べ方や特徴


公園や土手などで見かけることの多いクローバーは、

四つ葉のクローバーを探したり花冠を作って遊んだりと、

子どもの頃から触れ合うことの多い身近な草花の1つです。

四つ葉のクローバーは幸運を呼ぶモチーフとして好まれる方も多いのではないでしょうか。

そんなクローバーは、花として楽しむ以外にはちみつとして味わうこともできます。

クローバーはちみつは世界中で最も生産量の多いはちみつです。

今回はクローバーはちみつのおすすめと美味しい食べ方や特徴をご紹介していきます。

クローバーはちみつとは?

クローバーはマメ亜科のシャジクソウ属に属する植物の総称ですが、

一般的にはシャジクソウ属の1種であるシロツメクサのことを指します。

シロツメクサは漢字では「白詰草」と書き、英語ではホワイトクローバーと呼ばれています。

白詰草の詰め草とは昔オランダから献上されたガラス製品を梱包する際に、

緩衝材として詰められていた草だったことが由来とされています。

ヨーロッパ原産で日本には元々生えていない植物でしたが、明治時代以降に飼料用として普及し野生化しました。

花の咲く時期は春から秋までで、白い花が多いですが薄いピンク色を帯びた花を咲かせることもあります。

葉は本来は3枚ですが4枚以上の葉になることもあり、

4枚葉のものは四つ葉のクローバーと呼ばれ幸運の象徴として人気です。

シロツメクサはヨーロッパ原産ですが日本以外にも世界の色々な国で野生化しています。

クローバーはちみつもカナダ、ニュージーランドなど多くの国で生産され、

日本国内での主要な産地は北海道となっています。

日本ではレンゲ、アカシアなどのはちみつが有名ですが、世界的にはクローバーはちみつが最も有名です。

はちみつ人気の高いニュージーランドでもクローバーはちみつは定番となっています。

カナダでは最高級品とされることもあり、欧米で広く親しまれています。

クローバーはちみつの特徴

クローバーはちみつは爽やかな草原のような香りと、クセのない味わいで食べやすいはちみつとなっています。

製品による差はありますが、甘みはやや強めのものが多いとされています。

爽やかな香りとさらりとした滑らかさのおかげで甘みがやや強めの製品でも後味はさっぱりとしており、

はちみつ独特のクセのある濃厚な甘さが苦手な方にもクローバーはちみつはおすすめです。

クローバーはちみつは成分中の糖におけるブドウ糖の比率が高いため、

はちみつの性質の1つである結晶化が起こりやすいという特徴があります。

結晶化し白く固まってしまっても、溶かせば問題なく食べられるので安心してください。

クローバーはちみつの効果・効能

クローバーはちみつには糖やビタミン、ミネラルなど様々な栄養素などが含まれています。

その中でも代表的なものをまとめて以下に記載します。

糖:ブドウ糖、果糖

有機酸:グルコン酸

酵素:ジアスターゼ、ホスファターゼ

ビタミン:ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC

ミネラル:ナトリウム、カリウム、亜鉛

アミノ酸:プロリン

ポリフェノール

はちみつはおよそ70パーセントほどが糖で構成されており、

クローバーはちみつは他のはちみつと比べてもブドウ糖の含有率が高めとなっています。

ブドウ糖は脳のエネルギー源となるので、朝食に混ぜたり勉強や仕事の合間の栄養補給におすすめです。

また、ブドウ糖と果糖は単糖類という分解せずに吸収できる単純な構造の糖です。

そのため、体内に入ると速やかに吸収されてエネルギーに変換されます。

吸収が早いおかげで胃腸への負担も少なく、

運動後や風邪で体力の落ちているときのエネルギー補給に効果的と言われています。

美肌に重要なビタミン、ミネラルも豊富に含まれ、

ミネラルの1つである亜鉛は新陳代謝を活発にし肌の細胞の生まれ変わりを促す効果があると言われています。

古くなりくすんだ肌を生まれ変わらせ美しく若々しい肌へと導いてくれるので、

美肌を目指す方にクローバーはちみつはおすすめです。


pagetop